Home|お問い合せEnglish日本語
About Getting Started Products Teaching Guides Ordering FAQs

Follifoot Farmの仲間たち
著者について
著者に寄せられたメッセージ
Follifoot Farmリーディングシリーズの成り立ち

JellyとBeanは1988年に作者の家にやってきたメスとオスの双子の子猫。
Beanは食べるのが大好きでたくさん寝ます。見た目はJellyよりも大きいのが特徴。 JellyはBeanよりも活発で好奇心旺盛な子猫です。
Wellington kevinlotty


WellingtonはKevinのお父さん。優しくてKevinの面倒をよくみます。

Kevinはいたずら好きな子犬。走り回るのが大好きです。
二匹とも夏は農場の青い犬小屋に寝て、冬は牧場主の家の中に寝ます。





Lottyはメスの子犬。牧場主の家に住んでいて一日の大半をKevinと遊んで過ごします。
ママ、パパ、Billy, Milly, Tilly, TomのPigファミリー。

みんなで豚舎の中の小屋に住んでいます。そこには丸太や泥んこ、茂みがあります。池に続く小道もあり、子豚たちはそこで遊ぶのが大好きです。
Follifoot Farmには羊と牛も住んでいます。

彼らは夏の間、牧草地で終日過ごし、冬になると農場の小屋の中で過ごします。

牡牛はFollifoot Farm Series 2の中で猫のPippin とRumpleとともに登場します。
ページトップに戻る

このシリーズの著者であるMarlene Greenwood(マーリーン・グリーンウッド)は1981年から1984年までイギリス北部にあるリーズ大学に在籍し、数学、歴史学、科学哲学において、優等学位を取得。その後、1985年にPGCE(教育学専攻科修了証)を取得し、1996年までヨークシャヤ州の中高一貫校にてMathematics Pure and Applied(純粋数学と応用数学)を教授。

1996年に早期退職後、フォニックスリーディング教材を家族のために執筆し始めました。彼女の初めての作品は、TigとTedという二匹の熊についての48ストーリーでした。

1998年にthe National Literacy Strategy(国民の読み書き技能強化政策)がイギリス政府から教育指針として発表され、マーリーンは自身の作品のストーリーはそこで述べられている”フォニックスの習得過程” と適合していることに気づき、偶然にもその文書の教師向けガイドラインを予知した形となりました。こうして彼女はフォニックス教材の現在の需要を得たのです。

しかしながら、Tig とTedのキャラクターの描写は非常に難しく、1998年6月に2匹の子猫がペットとして家族になった時に、「これからはこの子猫たちだ!」と直感し、Jelly and Bean(Follifoot Farmの旧名称)の本が完成したのです。

ハロゲートのSaltergate幼児学校と、Beckwithshaw小学校の生徒たち及びスタッフの力添えもあり、このシリーズはその後数年間で飛躍的に成長しました。

2000年3月にJelly and Beanの本が初出版されて以来、出版社としてのJelly and Beanはすばらしい成功をおさめ、需要は伸び続け、現在のところ世界で628000冊以上販売されています。

この本の”フォニックスの習得過程”は2007年にイギリス政府が新たな学習指導要綱として発表したLetters and Sounds に書かれている”フォニックスの習得段階過程”にも準拠していました。

この文書では、政府がイギリスの小学校のFoundation Stage(日本の年中年長児) と Key Stage1(日本の小学校低学年)で目標とするリーディング能力の習得方法の詳細が述べられていて、現在イギリス国内3600校の学校で、Jelly and Beanの本がリーディング強化教材として使われています。

Follifoot Farmとはそもそもマーリーンの想像の上の農場で、登場キャラクターの家であり、物語の場所のそのものでした。大きな成長に達したこの地点にたどり着くまでには、長い時間がかかり、そして今まさにさらなる成長の時を迎えたのです。

2010年11月

ページトップに戻る

「Follifoot Farmリーディングシリーズに出会って、どれだけ感動したかをとにかく伝えたいです。教師としても発達心理学者としても、今までに出会ったリーディングシリーズの中で一番のものだ、と心から言いたいです。」 教師(イギリス)


「Follifoot Farmリーディングシリーズに、学校中がどれだけ感動したかお伝えしたくてメールしました。幼児学校からFollifoot Farmリーディングシリーズを使用する計画を開始し、今年は今までにはなかったリーディングの成果を出すことが出来ました。幼児学校の教師は、この本を賞賛したくてもしきれないほどです。」 校長(イギリス)



「このシリーズの数ある素晴らしいことから一つを挙げると、少ない単語数でとても楽しいストーリーが作られている、ということです。私がFollifoot Farmを紹介した子供たちはみなこのシリーズのとりこになっています。フォニックスの知識の発達、そしてフォニックスルール適用外の頻出単語(サイトワーズ)をゆっくり導入することがとても重要であり、しかもそれが繰り返し登場するのです。」 教師(イギリス)


「私は以前、別のタイプのリーディング教材を使用していましたが、私の生徒たちにとってはこのFollifoot Farmの本の方が面白いようです。シンプルなデザインと繰り返される文章は楽しく学べるうえ、生徒たちはリーディングに対する自信をつけていきます。Follifoot Farmのイラストは、このような種類の他の多くのリーディング教材より対象年齢に適したものです。また価格もとてもリーズナブルで全般的に大変満足しています。」 Key stage 3(日本の小学校6年〜中学2年)の養護学校教師(イギリス)


「Follifoot Farmは最高です。一冊の最初から最後までを自力で読める、と息子が喜んでいます。」  親(イギリス


「別のリーディングシリーズでいやいやリーディングの練習をしていた息子(8歳)が、自ら興味を持って、お母さん僕読めるよ!!!と本を持ってくるので、とても驚いています。Follifoot Farmの絵本は私が偶然出会って、ちょっと息子に試してみようかなと、1シリーズだけ自宅に持ち帰ったのが始まりでした。息子は、自力で読める自慢をしたいようで、弟に読んであげたりしています。イラストがかわいくて、動物目線のストーリーに惹かれているようです。読める本がどんどん増えて、リーディングに自信がついてきています。」 親(日本)


「私たちはあなたの本が大好きです。とっても素敵です。」 親(イギリス)


「本を送ってくださったお礼のためだけに手紙を書いているのではありません。このシリーズを生み出してくださったことにもお礼を申し上げます。息子は、Follifoot Farmのシリーズでリーディングの練習を始めてから、目に見えてリーディング力がついてきました。初級レベルの本を楽しそうに繰り返し読んでいます。」 親


「息子はFollifoot Farmの本が大好きです!」 親(イギリス)


「このようなびっくりするほどすばらしいシリーズを書いて下さり、ありがとうございました」 親(イギリス)


「子供たちの読み書きがこれほどまでに飛躍的によくなったのは初めての経験です。Follifoot Farmを使い始めた子供たちは、それぞれのシリーズを使い終わる度にどんどん自信をつけ、リーディングの流暢さも増してきています。子供たちはFollifoot Farmの本が大好きです。 Follifoot Farmの大ファンより感謝をこめて・・・」


「この本はとても効果的です。難しすぎない内容なので、私の息子は読むことに自信を持つようになりました。彼はとっても楽しんで読みました。」 親(イギリス)


「Follifoot Farmのシリーズが本当に大好きです。もっともっと早く出会いたかったです。」 教師(イギリス)


「このシリーズは本当に素敵で、私の娘のリーディングを助けてくれました。他の小さな読者にも、絶対見逃してほしくない作品です。素晴らしいシステムのリーディングシリーズを書いて下さって感謝申し上げます。」 親(イギリス)


「小学校低学年の息子リーディングの練習にFollifoot Farmを使い始めました。すると、予想外に5歳の弟が興味をもって一緒に読むようになりました。音を学ぶ練習のため、フォニックスの音を強調して読んでいたら、それがとても面白かったようで、音と音の組み合わせで一つの単語になって、その単語が絵本にある絵を表していることを理解すると、次々ページをめくり始めました。「読み」へ興味を持たせるとてもいいチャンスになりました」 親(日本)


「息子のリーディング力は飛躍的に成長しました!」  5歳児の親(イギリス)


「息子はFollifoot Farmの本が大好きです!」) 親(イギリス)


「Follifoot Farmが本当に素晴らしいということを、とにかくあなたに伝えたいです。絶対みんなに勧めます!」 親(イギリス)


「 Follifoot Farmの本を注文できたことがどれだけうれしいかあなたに伝えたくて書いています。イラストがとてもきれいです。」 英語教師(日本)


「あなたの本はすごいです!教師の為だけじゃなく、おばあちゃんにとっても、娘にとっても、本当にすばらしい作品です。」親(イギリス)


「孫娘のリーディング能力は非常に問題であるということで、彼女の学校からFollifoot Farm   Bシリーズを借りました。そんな状態であったにも関わらず、毎日のようにリーディングを手伝ってあげたら彼女のリーディング力は素晴らしく向上しました!本当に驚いています。素晴らしい本です。」祖父母:元校長(イギリス)


「素晴らしいFollifoot Farmの本をありがとうございます。子供たちはとにかくFollifoot Farmが大好きです。彼らのリーディングへの情熱は、学校内に瞬く間に広がっています。Follifoot Farmがどれだけ人気になるか予言することはできませんが、子供たちがほかのリーディングシリーズよりもFollifoot Farmを特別好む何かが、あるのだと思います。」 モッテッソーリ学校の校長(イギリス)


「リーディング体系のすばらしさにぞくぞくしました!」 モッテッソーリ学校教師(南アフリカ)


「9月にこのシリーズを導入しました。大成功です。リーディングに全く興味のなかった子供たちが読みたいと要求してきます!」 特別支援教師(イギリス)


「あなたの本はとっても楽しいです。シリーズの構成やイラストにとても満足しています。 教育委員会(イギリス)


あなたの本は最高品質です!」 教師(イギリス)


「子供たちは本をとっても楽しんでいます。彼らのリーディングに対する自信は飛躍的に進歩しています。」 教師(イギリス)


「Follifoot Farmは、まさに私たちの学校が必要としていたものです。」教師(イギリス) 


「マーリーン グリーンウッドに会って数秒で彼女の子供たちへリーディングを教えたいという情熱がはっきり伝わってきました。彼女は何をすべきか本当によく考えていますし、彼女の熱意が強く伝わってきて、息子と一緒に彼女の本を使いたくなりました。
息子は、学校に入学したばかりですが、幼い時から本が好きだったので、私も彼を熱心に手伝ってきました。他の本にも挑戦したかったのですが、それらには見向きもしませんでした。ただ一つ抱えている問題は、息子はFollifoot Farmが大好きで、一緒に本を読もうと一日中せがんでくることです。」  4歳半児の親(イギリス)


ページトップに戻る